肌質改善は、どうすればいい?

*
肌質改善は、どうすればいい?

あきらめないで!!肌質改善の方法

1d063d917e416053291eb778c191265c_s

色々な肌トラブルを抱えているのに、なぜかすっかりあきらめてしまっている人が多いです。年だからこのくらいの肌トラブルはできても仕方ない、体質なのだからなどとあきらめていませんか。

実はほんの少し今までの生活やスキンケアを見直すことで肌質を改善させることができる場合があるのです。

まずは自分の今の生活習慣や食生活、肌質などをしっかりと把握することが大切です。自分がどういう肌なのかが分からなければ、肌質改善しても意味がありません。

自分がどのような肌であるかをしっかり把握した上で、その肌になってしまった原因や改善方法を見つけていけばいいのです。

では肌の悩み別の肌質改善の方法を見つけていきましょう。


肌の状態に応じた肌質改善について

洗顔した後肌が突っ張る感じがする、スキンケアを行なっているのに肌のかさかさが治らない、そのような乾燥肌は、肌の保湿成分が足りなくなっている状況にあると言えます。生まれつき乾燥肌、アトピーの要素を持っている肌以外の乾燥肌は、スキンケア方法や生活習慣を改善させることで改善させることができます。

まずは洗顔や入浴を行なうときの注意点です。痒みが一旦落ち着くなどといった理由から、熱いお湯で顔を洗ったり、入浴したりしていませんか。熱いお湯は体に必要な皮脂も落としてしまうため、より乾燥しやすくなるので、ぬるめのお湯で洗うようにします。

また、乾燥肌の人にありがちなのは、痒いのと、肌の汚れを落とそうとして、体をゴシゴシ力を入れて洗ってしまうこと。このような入浴方法をしていると、肌に傷がつき、より乾燥しやすい肌になってしまうのです。

乾燥肌の人には温めの湯で入浴や洗顔をい行い、肌に刺激を与えないことが肝心と言えます。また、洗顔や入浴が終わったら、蒸気で水分が逃げてしまわないように、すばやく保湿ケアを行なうようにします。

いくら洗っても顔がべたべたするなど、脂っこい肌に悩んでいる人は次のようなことに注意してみましょう。肌が脂っこくててかっているからといって、必要以上に皮脂を落とそうとして、油取り紙を使用したり、一日に何度も洗顔していませんか。

皮脂は肌を守るのに必要な成分であり、必要以上に油分を取ってしまうと、皮脂が過剰に分泌されて油っぽい肌になってしまうのです。

しかし油っぽい肌の人の中には、このような皮脂の分泌や乾燥が原因ではなく、ストレスや遺伝、ホルモンの乱れなどから来る油性肌の場合は、化粧水はさっぱりタイプのものを用い、乳液は必要ありません。

しかし、乾燥などによる皮脂の過剰分泌の場合は化粧水はしっとりタイプのものを使用し、乳液も塗ったほうがいい場合があります。自分の油性肌がどちらのタイプなのかをしっかり把握しておくことが大切です。

毛穴に炎症が起きるなど肌がいろいろなトラブルにやられている敏感肌の場合、肌のバリア機能が衰え、ターンオーバーが正常に働かないことによって肌が敏感になってしまっていると考えられます。

こうなってしまうと少しくらいスキンケア用品や正しいスキンケア方法に切り替えただけでは簡単に改善しません。(参考:毛穴 引き締め法

逆に、スキンケアは肌に刺激のかからない程度にシンプルに行ない、生活習慣や食生活を改善させることで、体の内側から体質改善を行い、肌のバリア機能やターンオーバーを正常化させましょう。

体質改善も肌改善もすぐに結果は現れません。毎日少しずつ続ける事によって効果を現します。体質や年のせいなどとあきらめず、地道に肌改善策を行なっていくことで年をとっても年を感じさせないような美しい肌を手に入れることができます。


食生活の見直しでできる!肌質改善

人間が生活して行く上で最も大切なこと、それは食事です。食事から摂取される栄養素を活用して、体の色々な機能を働かせたり、様々な体に必要な組織を形成する役割を担っています。

食事をおろそかにすると、日常生活を営むことができなくなってしまうのはもちろんのこと、美容と健康にも大きな役割を果たしています。

もちろん、肌に関しても食事は大きなポイントとなっています。肌トラブルや肌質改善に、正しいスキンケアや洗顔方法などが大切なのは分かりますが、食事は肌質改善にどのように働いているのでしょうか。


c0bff88dda1588e062b9e31c26d5c124_s


肌質別に見る肌質改善のための食事

肌質改善をするために、食事方法を見直すといっても、何からどのように始めたらいいのか分からない人も多いでしょう。そこで、お悩みの肌質を改善させるにはどのような食事に気をつけたらいいのか、肌質別に見ていきましょう。

まずは乾燥肌で悩んでいる人たちの食事のポイントです。肌を美しく保つためには食事のバランスをしっかりさせる必要があります。1日30品目の食材をバランスよく食べるのが理想ですが、多くの人は無理な場合が多いです。

乾燥肌の人の場合、まずは緑黄色野菜を中心に摂取しましょう。緑黄色野菜の中に多く含まれるビタミンAは、肌の潤いを維持させたり、肌荒れなどの肌トラブルを防ぐ働きをします。

高い抗酸化作用も期待でき、悪玉活性酸素を取り除き、生き生きとしたハリのある肌を作り出します。また、サツマイモなどに多く含まれるビタミンEは、血行を抑止、肌にも栄養が行き届くようにしてくれます。

また、コラーゲンを多く含む食材は肌に潤いを与えてくれるのに役立ちます。コラーゲンはビタミンCと同時に摂取することでより効果が得られるほか、ビタミンCは美白、抗酸化作用による肌の老化防止にも役立つので、これらを多く含む食材をしっかり摂るようにしましょう。

てかりや化粧ののりが悪いなどといったトラブルが起きやすいのがオイリー肌です。オイリー肌の人にお勧めなのは、きゅうりやナスなどといった水分の多い野菜。野菜の水分で肌を潤わせてくれるだけでなく、老廃物を流してくれる働きもあります。

柑橘系の果物などに多く含まれるクエン酸やビタミンCは、体内の毒素を排出させる役割を果たし、体の中からきれいにします。

また、ビタミンCには肌の余分な油を流す働きがあります。スナック菓子や脂身の多い肉類、乳製品などは、油分からできているため、オイリー肌で悩む人は控えたほうが良いでしょう。

敏感肌の人は体質的にも敏感になっている人が多いです。そのため、添加物など体によくないとされる成分が添加されている食品は控えめにしてください。

また、糖分と脂肪分の摂りすぎは、肌にも健康や美容にも良くありません。特に不飽和脂肪酸を多く含む食品は健康にいいとされていますが、摂りすぎると敏感肌が進んでしまうことがあるので注意が必要です。

ビタミンC やコラーゲン、タンパク質などを多く含む食事を積極的に摂り、美しい肌を手に入れましょう。



記事

a7200a0b73f087d315bc643825fd49b6_s

病院やエステで行なう肌質改善

敏感肌、オイリー肌、乾燥肌、混合肌、人それぞれ色々な肌質を持っています。自分の肌質を改善させるために、生活習慣を変えたり、食事を変えてみたり、スキンケア用品や方法を変えてみたりと色…